トップページ

    このサイトではマンション売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「マンション売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。マンション売却であなたが所有している分譲マンションを高く売るために大切なことは、「いくつかの不動産会社にマンション査定の依頼をして高く売却できる不動産会社を見付けること」です。時間がかかるからといって1社だけに依頼をしたり、知り合いに紹介してもらった不動産会社だけに査定の依頼をするというのは、確かに手間はかかりませんが他の不動産会社との競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトでおすすめしているマンション売却のための一括査定サイトなら査定に必要な入力も数分あれば完了する上に、同時にいくつもの不動産会社からマンション査定の見積もりを比較することができます。マンション売却で高く売るためにはまず査定相場を知ることが大切です。是非活用してみてください。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サイト。2001年に運営を開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、運営歴が15年以上あるので安心して使えます。不動産売却における長年の実績があるので悪質な不動産会社を排除している点もおすすめできるところです。厳しく審査された優良企業が約900社揃っており、最大で6社の不動産会社がマンションの査定額を出してくれます。「マンションをできるだけ高く売却したいから買取相場が知りたいけど、査定依頼ができる不動産会社を1社ずつまわるのは手間がかかる…」と悩んでいる場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出した査定価格を比べられるホームフォーユーをおすすめします。相場を調べてマンションの売却で高く売るためにまずは利用したいサービスです。






    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンションを専門としたマンション売却の一括査定サイト。マンション査定のために必要な入力も45秒あれば完了しますし、パソコンやスマホから簡単に申し込めます。分譲マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションに強い不動産会社が集まっており、大手や地場を含めて全国700社2500店舗の中から最適な不動産会社を最大で9社紹介してくれます。利用者は既に360万人を突破し、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有しているマンションをできるだけ高く売りたい」と思っている場合は是非利用してみてください。また、他の一括査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間マンションを空けるんだけど、いつかは戻ってくるから売却はちょっと…」と思っている場合にもおすすめです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比較するとまだ新しいサービスなのですが、参加している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめしたいポイントです。しかも、実際に使ってみたユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社を排除することができ、評価の高い不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地域に根付いた不動産会社まで多岐にわたって参加している為、「自身が持つマンションをできる限り高く売却したい」と思っているのであればおすすめの査定サイトです。必要事項を入力するのもものの1分で査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社までを選択し所有しているマンションの査定価格を比べることができます。言うまでもなく、全国対応しており利用は無料です。今注目されているサービスなので、徐々に利用者の数も増えることが期待されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サービス。長期にわたる営業実績があるので、参加している不動産会社数も業界最多の1000社以上で、最大6社の不動産会社から出されるマンション査定の価格を比較することが可能です。当然ですが、悪徳企業は徹底的に排除。長期にわたる不動産・マンションの売却で生成されたネットワークを利用し、厳選した高評価の不動産会社だけが登録されています。主要な大手は勿論、地域に密接した不動産会社からの査定額も比較できるため分譲マンションの市場価格を知るためにも使っておきたいサイトです。公式サイトには実際にマンションの高額売却に成功した利用者の感想と査定価格も載っているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力しており、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心して利用できます。利用者の数も400万人を突破していて、参加している1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「マンションの売却は不動産会社によって数百万円の差が出ると耳にしたので損だけはしたくない」という思いがあるのなら、1社にとどまらず複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定を活用してください。公式サイトでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から提示されるマンションの査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用してマンション売却をしたあとに、ちょっとした電話取材に協力すると5000円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施していますのでチェックしてみてください。






    不動産売却コラム

    まだローンを完済していない状態の住宅を売る場合、一般的にはローンの残債を全て支払った上で、ようやく売却可能な状態になります。

    仮に残債務を完済できずに家を処分しなければならないときは、任意売買(任意売却とも)なら可能です。

    家が売れたらまず残債を返済するという条件の下、金融機関から特例として売却許可を取り付けます。

    家の売却額がローンの残額を下回れば、借金が残ることになります。

    居宅を売却する流れというと、仲介業者選定、物件の査定見積り、売値を決定し、媒介契約を交わし、販促スタート、買い主が現れ金額等の話がついて、ようやく売買契約となり、代金の支払いと住宅の引渡しをして売買手続きが終了します。

    どれくらいの期間で済むかというと、販売開始から買手が決まるまでの期間にもよりますし、居住中なら引越しも勘案しなければなりません。

    仲介契約というのは法律で最長3ヶ月と決められていますし、延長したり別会社と契約しても6ヶ月といったところでしょう。

    もっともな話ですが、物件を所有する名義人の許可がない場合は、たとえ買手がついたとしても家の売買はできません。

    共同所有として複数の名義人が存在するのなら、許可は共有名義人の数だけ必要になります。

    ただ、物件の所有者が故人名義で登記されている場合、同意を得ることは不可能ですので、その時点では売却できない状態になります。

    まず名義を相続人の方に変更し、今度はその人を含めた全員の賛同を得て売却となります。

    物件が売れるまで待つのか、それとも、先にやってしまうのか、住んでいて売却に至った不動産物件に関係なく、引っ越すには前後どちらがいいと、言い切ることは難しいです。

    物件の売却が終わった後なら、売却資金が手に入るため、新居探し時の資金になって、ゆとりをもって探すことが出来ます。

    一方、新居が決まらぬまま家を売却してしまうと、仮住まいに住むこととなり、引っ越しの費用が二回分かかります。

    引越しを1回で済ませたいなら先に引越してしまうのがいいのですが、売却資金以外で新居契約の資金を用意できるかが問題でしょう。

    不動産物件を売りたいけれど、よく分からず不安という方もいるでしょう。

    こうした方のために売却の流れをご説明します。

    まず、物件を査定してもらいましょう。

    訪問査定は査定の精度が高いです。

    こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。

    契約した後は会社が広告を出し、買手を探してくれるでしょう。

    ただし、買手が現れないと、値下げ交渉に入ったり、最終的に買手が決まるまで数か月かかることがあります。

    無事に買手が決まれば、相手にお金を支払ってもらい、売却完了というわけです。

    このような流れを頭に入れておくと、計画が立てやすいと思います。

    簡単なことですが、土地や建物の評価を見積りに来る業者が変な会社でないか判別する手段のひとつが、宅地建物取引の免許番号です。

    担当者の名刺に宅建取引業の免許番号の記載がなければ、無認可で営業を行っている可能性があるので注意が必要です。

    細かいところでは、免許番号のかっこで囲まれている数字は更新ごとに増えていくため、簡単に言うと数字が大きいほど営業年数が長いということになるのです。

    しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと断言するのは誤りです。

    新しい住居の購入とこれまでの住居の売却を同時に行って住み替えをしたいという場合はとてもよくあります。

    そうした時は、購入の前に売却を済ませることが正しいリスクマネジメントです。

    間違いなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、実際に支払いが行われるまでは予断を許しません。

    お金の支払いが必要なのにできないという事態が起こる可能性もありますし、売却できることを想定の上の購入はおすすめしません。

    マンションや戸建ての不動産物件を売却するのなら、不動産会社と媒介契約を結ぶケースが大半ですが、媒介契約には三種あり、その一種が専任媒介契約です。

    これを選んだら、該当物件の売却は契約済の仲介業者に限って、仲介できるようになります。

    でも、契約違反にならないケースもあって、売手が自力で買い手を探し出して、当人同士で交渉したとしても、問題にはなりません。

    これが専属専任媒介契約との差です。

    例として、競馬や競艇における払戻金、それに、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などが挙げられる、継続して得られる収入の他の臨時的に発生したお金は一時所得に分類されます。

    不動産売却による収入も一時所得となりそうですが、別の譲渡所得という所得区分に該当します。

    所得による課税額(所得税)の算定でも一時所得と別扱いです。

    変則的なこともありますので、間違いがないよう確定申告を行ってください。