トップページ

    このサイトではマンション売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「マンション売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。マンション売却であなたが所有している分譲マンションを高く売るために大切なことは、「いくつかの不動産会社にマンション査定の依頼をして高く売却できる不動産会社を見付けること」です。時間がかかるからといって1社だけに依頼をしたり、知り合いに紹介してもらった不動産会社だけに査定の依頼をするというのは、確かに手間はかかりませんが他の不動産会社との競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトでおすすめしているマンション売却のための一括査定サイトなら査定に必要な入力も数分あれば完了する上に、同時にいくつもの不動産会社からマンション査定の見積もりを比較することができます。マンション売却で高く売るためにはまず査定相場を知ることが大切です。是非活用してみてください。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サイト。2001年に運営を開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、運営歴が15年以上あるので安心して使えます。不動産売却における長年の実績があるので悪質な不動産会社を排除している点もおすすめできるところです。厳しく審査された優良企業が約900社揃っており、最大で6社の不動産会社がマンションの査定額を出してくれます。「マンションをできるだけ高く売却したいから買取相場が知りたいけど、査定依頼ができる不動産会社を1社ずつまわるのは手間がかかる…」と悩んでいる場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出した査定価格を比べられるホームフォーユーをおすすめします。相場を調べてマンションの売却で高く売るためにまずは利用したいサービスです。






    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンションを専門としたマンション売却の一括査定サイト。マンション査定のために必要な入力も45秒あれば完了しますし、パソコンやスマホから簡単に申し込めます。分譲マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションに強い不動産会社が集まっており、大手や地場を含めて全国700社2500店舗の中から最適な不動産会社を最大で9社紹介してくれます。利用者は既に360万人を突破し、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有しているマンションをできるだけ高く売りたい」と思っている場合は是非利用してみてください。また、他の一括査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間マンションを空けるんだけど、いつかは戻ってくるから売却はちょっと…」と思っている場合にもおすすめです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比較するとまだ新しいサービスなのですが、参加している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめしたいポイントです。しかも、実際に使ってみたユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社を排除することができ、評価の高い不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地域に根付いた不動産会社まで多岐にわたって参加している為、「自身が持つマンションをできる限り高く売却したい」と思っているのであればおすすめの査定サイトです。必要事項を入力するのもものの1分で査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社までを選択し所有しているマンションの査定価格を比べることができます。言うまでもなく、全国対応しており利用は無料です。今注目されているサービスなので、徐々に利用者の数も増えることが期待されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サービス。長期にわたる営業実績があるので、参加している不動産会社数も業界最多の1000社以上で、最大6社の不動産会社から出されるマンション査定の価格を比較することが可能です。当然ですが、悪徳企業は徹底的に排除。長期にわたる不動産・マンションの売却で生成されたネットワークを利用し、厳選した高評価の不動産会社だけが登録されています。主要な大手は勿論、地域に密接した不動産会社からの査定額も比較できるため分譲マンションの市場価格を知るためにも使っておきたいサイトです。公式サイトには実際にマンションの高額売却に成功した利用者の感想と査定価格も載っているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力しており、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心して利用できます。利用者の数も400万人を突破していて、参加している1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「マンションの売却は不動産会社によって数百万円の差が出ると耳にしたので損だけはしたくない」という思いがあるのなら、1社にとどまらず複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定を活用してください。公式サイトでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から提示されるマンションの査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用してマンション売却をしたあとに、ちょっとした電話取材に協力すると5000円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施していますのでチェックしてみてください。






    不動産売却コラム

    よほど専門的な知識がない限り、住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、いくらで販売するかを決定し、売買の仲介を依頼する契約書にサインします。

    そこまでは数日ないし一週間といったところでしょう。

    内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、物件次第、価格次第で早くも遅くもなるでしょう。

    ただ不動産取引の場合、法律の規定で売手と仲介業者の間の契約は契約日から三ヶ月と決まっていますので(再契約可)、3ヶ月の間に買い手がつくように戦略をたてていくと良いかもしれません。

    家というのは生涯でも最も高い買物ですから、売却する際も、いくらで売るかが重要な課題です。

    割高な物件に興味を持つ人は少ないですし、逆に割安すぎても事情を詮索されるかもしれませんから、適正な価格というのを設定する必要があります。

    値下げ交渉になるケースも多く、仲介会社への手数料の支払いなども考慮して販売価格を設定しておかなければ、最後に自分のもとに残る額はどんどん少なくなってしまい、こんなはずではという事態にもなりかねません。

    マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと分譲後2年ないし3年目くらいから築10年位までは緩やかにではありますが、価格は下がる一方です。

    ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは売値にそれほどの変化は見られません。

    節税の観点からすると、自宅の買い換えや売却の税率が優遇される条件は、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、マイホームを売却する場合、築10年を経過したあたりが最適なタイミングと考えられます。

    不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、売却する家が戸建てでもマンションでも、引越しのタイミングによるメリットとデメリットがそれぞれあります。

    売却額が手元に入ってから新居探しとなる売買後の引越しを選ぶと、検討に時間をかけられるかもしれません。

    ただ、新居が売却時に未決定だとしたら、一時的な仮住まいを急きょ探し、さらに新居に引っ越すことになり、ニ度手間となります。

    仮住まいや引越しといったことを面倒と感じる場合には先に引越しですが、売却資金以外で新居契約の資金を払えるようにしておかなくてはなりません。

    もし一定期間内に売却の見込みが立たなかった際、物件を業者が買い取るという条件をつけたものが、いわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

    買取額はあらかじめ設定した通りですから、資金のめどがつきやすいという利点はあるものの、中古市場の相場と比べると安くならざるを得ないという短所はあります。

    そういったシステムがない業者もありますし、あっても顧客の要望がなければ付かないオプションですから、じっくり検討した上で決めた方が良いでしょう。

    わが国の木造木骨建築物の耐用年数は、住宅専用の場合、税法において20年から22年で、最近の国土交通省の調査によると平均残存年(寿命)は30年弱です。

    ですから、よほど特殊なケースでない限り、築30年超の家の査定を業者に頼んでも、建物価格はゼロだとか、良くて何十万円程度と見積りされるのが普通です。

    売却可能な場合でも、家はゼロ円で地価相当額にしかならないと考えられるため、土地(上物あり)といった売却方法もありえます。

    新居購入に際して組む住宅ローンでは、出資は住宅が建てられてから開始するのが大半のケースです。

    ということは、購入した注文住宅の建築が始まって終わるまでの間に工事の着工金などの費用が必要になれば、別途工面しなければなりません。

    その前の住宅を売却していて資金が手元にあるなら安心ですが、売買が成立する前にお金が必要になった場合は困ります。

    そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。

    めでたく不動産の買い手が見つかり、契約の締結まで済んだところで、手放したくなくなったり、買い手を他にも探したくなったりと心境や事情が変化して持ち掛けた売却を取り下げたいときは、契約の破棄が可能です。

    とは言え、引き換えに規定の額の違約金の支払いや、あらかじめ受け取った手付金を返すにしても倍返しですから、気をつけながら契約を進めるようにしてください。

    さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙代が必要になります。

    不動産がいくらで売れたかで印紙代の段階は異なるので、場合によっては数十万円ともなることがあります。

    さらに、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、一通ごとに印紙を貼り付けなければなりません。

    とは言え、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、十分に確認する必要があります。