トップページ

    このサイトではマンション売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「マンション売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。マンション売却であなたが所有している分譲マンションを高く売るために大切なことは、「いくつかの不動産会社にマンション査定の依頼をして高く売却できる不動産会社を見付けること」です。時間がかかるからといって1社だけに依頼をしたり、知り合いに紹介してもらった不動産会社だけに査定の依頼をするというのは、確かに手間はかかりませんが他の不動産会社との競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトでおすすめしているマンション売却のための一括査定サイトなら査定に必要な入力も数分あれば完了する上に、同時にいくつもの不動産会社からマンション査定の見積もりを比較することができます。マンション売却で高く売るためにはまず査定相場を知ることが大切です。是非活用してみてください。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サイト。2001年に運営を開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、運営歴が15年以上あるので安心して使えます。不動産売却における長年の実績があるので悪質な不動産会社を排除している点もおすすめできるところです。厳しく審査された優良企業が約900社揃っており、最大で6社の不動産会社がマンションの査定額を出してくれます。「マンションをできるだけ高く売却したいから買取相場が知りたいけど、査定依頼ができる不動産会社を1社ずつまわるのは手間がかかる…」と悩んでいる場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出した査定価格を比べられるホームフォーユーをおすすめします。相場を調べてマンションの売却で高く売るためにまずは利用したいサービスです。






    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンションを専門としたマンション売却の一括査定サイト。マンション査定のために必要な入力も45秒あれば完了しますし、パソコンやスマホから簡単に申し込めます。分譲マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションに強い不動産会社が集まっており、大手や地場を含めて全国700社2500店舗の中から最適な不動産会社を最大で9社紹介してくれます。利用者は既に360万人を突破し、テレビや各種メディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「今所有しているマンションをできるだけ高く売りたい」と思っている場合は是非利用してみてください。また、他の一括査定サイトとの違いとして賃貸査定にも対応しているので、「長期間マンションを空けるんだけど、いつかは戻ってくるから売却はちょっと…」と思っている場合にもおすすめです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比較するとまだ新しいサービスなのですが、参加している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめしたいポイントです。しかも、実際に使ってみたユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社を排除することができ、評価の高い不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地域に根付いた不動産会社まで多岐にわたって参加している為、「自身が持つマンションをできる限り高く売却したい」と思っているのであればおすすめの査定サイトです。必要事項を入力するのもものの1分で査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社までを選択し所有しているマンションの査定価格を比べることができます。言うまでもなく、全国対応しており利用は無料です。今注目されているサービスなので、徐々に利用者の数も増えることが期待されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サービス。長期にわたる営業実績があるので、参加している不動産会社数も業界最多の1000社以上で、最大6社の不動産会社から出されるマンション査定の価格を比較することが可能です。当然ですが、悪徳企業は徹底的に排除。長期にわたる不動産・マンションの売却で生成されたネットワークを利用し、厳選した高評価の不動産会社だけが登録されています。主要な大手は勿論、地域に密接した不動産会社からの査定額も比較できるため分譲マンションの市場価格を知るためにも使っておきたいサイトです。公式サイトには実際にマンションの高額売却に成功した利用者の感想と査定価格も載っているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから12年運営されている実績のある不動産の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力しており、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心して利用できます。利用者の数も400万人を突破していて、参加している1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「マンションの売却は不動産会社によって数百万円の差が出ると耳にしたので損だけはしたくない」という思いがあるのなら、1社にとどまらず複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定を活用してください。公式サイトでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から提示されるマンションの査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用してマンション売却をしたあとに、ちょっとした電話取材に協力すると5000円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施していますのでチェックしてみてください。






    不動産売却コラム

    資産を売却して得た収入を譲渡所得と呼びます。

    自宅を売った代金というのも確実に譲渡所得ということになります。

    譲渡所得にも所得税や住民税が課税されますが、給与所得やその他の所得とは別に算出します。

    一般に不労所得の税率は高いと言われますが、譲渡所得の場合、売却した物件を保有していた期間が5年を超えていると長期譲渡所得の特例が受けられるので、税率を低く抑えることができます。

    これから家を売りたいとお考えでしたら、所有期間と税率について理解した上で売り時を考えるのも良いかもしれません。

    不動産の売却で得た収入に所得税がかかるかというと、簡単にいうと「課税される」が正解です。

    しかし非課税になる場合も多いです。

    売買価格が取得費(新築で購入した時の価格)を上回れば所得税がかかってきますし、売値のほうが安ければ所得税の納税はしなくて済みます。

    また、売却価格が購入価格を大きく上回ったとしても、控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、確定申告をすれば原則として所得税は支払わなくてよくなります。

    申告書の作成方法は税務署で教えて貰えます。

    建物や土地等の不動産に賦課される税金が固定資産税並びに都市計画税です。

    家や土地などの所有者は毎年支払う必要があります。

    納税義務者は「賦課期日に資産を所有する者」とされており、この日にちが1月1日のため、仮に1月1日よりも前に買い主との売買契約を交わしていても1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、納税義務者は売り主になるわけです。

    購入した人が固定資産税の新たな納税義務者になるのは所有権移転登記を済ませた次の年と覚えておくと良いかもしれません。

    住宅の耐用年数は、木造や木骨モルタル造の場合、税法上では20年から22年とされ、30年前後で取り壊されることが多いです。

    こうした現状から、たとえば築30年を超える住宅を売りたいと思っても、建物価格はゼロだとか、せいぜい100万以下と見積もられるケースが少なくないです。

    売りに出すにしても、極端にいえば土地としての価格にしかならないと想定するのが妥当です。

    ご存知の方も多いと思いますが、不動産査定は訪問査定と机上価格査定に大別できます。

    不動産会社が現地へ赴き、物件を見ながら査定することが訪問査定と呼ばれるものです。

    現地には赴かず、提供された物件の各種データを参考にして査定額を割り出すことを、机上価格査定といいます。

    物件の築年数や間取りといった情報や、周辺の売却物件の相場、会社の持つ似たような物件の販売経験などを参考に査定が行われます。

    その特徴から、訪問査定で算出される査定額とは差が出やすいのですが、目安にするのには問題ないでしょう。

    不動産物件の査定額は、土地の価格相場と類似物件の販売価格などから査定額を算出しています。

    このような査定基準以外に、その不動産会社だけの独自の査定基準があるので、会社によって査定結果に差が生まれるのです。

    不動産会社は、売り主に対して、算出された査定価格の根拠を明らかにしなければならないと宅地建物取引業法で決められているので、提示された査定額について詳しく知りたい時には忘れずに確認してください。

    物件を購入した後で、買い手側が通常気付かないような欠陥を見付けたという時は、その修繕を売り手側に要求できるという瑕疵担保責任があります。

    この適用期間は、売り手側が不動産会社の場合、短くとも2年間(2年間以上)という規定があります。

    しかし、売り手と買い手が個人の場合の取り引きでは期間についての規定が特別ありません。

    一切その期間が用意されないことも頻繁に見られます。

    不動産物件を売る場合には、必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。

    所有権移転登記を行う際に法務局に持っていかなければなりませんから、買主はどっちもいらないのです。

    しかし、ローンを組むなら例外です。

    このケースだとローン会社に行く際、印鑑証明と実印がいるのです。

    なお、連帯保証人が必要なケースでは必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。

    不動産の売却を視野に入れ始めた際、築年数の関係が気にかかりませんか。

    築年数で売却価格が上下するのは確かです。

    例を挙げると、築10年が経つ戸建ては多くが建物の査定価格はゼロということになり、原則、土地の価格のみになることでしょう。

    そして、マンションも同じく築年数の浅さと評価の高さは比例関係にありますから、戸建てと同じく、築10年が境になっています。